副作用の無いBNLSは仙台の美容外科クリニックに相談しよう

脂肪は溶かしても骨までは溶かすことができない

腫れない脂肪融解注射として仙台の美容外科クリニックでも提供されるのが『BNLS』です。特に団子っ鼻といわれるように、鼻や顎などの痩せにくい部分痩せしたいスッキリさせたいパーツに有効だといいます。しかし、脂肪を溶かすだけであって、骨太であればあまり変化を実感できない懸念もあるため、ビフォー・アフターについては確認しておきましょう。鼻筋は変えることができませんし、お腹まわりであれば、骨盤を締めることもできませんが、脂肪がついているパーツには効果的です。もちろん、鼻に限っては小鼻縮小術などのほうがよい可能性もあるでしょうから、仙台の美容外科医の指示、アドバイスをしっかり聞きましょう。それでも、痩身の中では手軽で、副作用の心配も少ない話しです。

必要となる薬液の量をしっかり考えてみよう

BNLSは、植物由来の成分を主成分にしている脂肪溶解薬液を注射器で注入してスッキリさせます。リンパの循環作用や脂肪分解作用が報告されていますし、その作用によるたるみの原因になる脂肪を減らすことが謳われています。また、仙台の美容外科クリニックの中には、デオキコール酸成分を配合させたBNLSを採用しています。これも、胆嚢・胆汁に含まれる成分ですから、副作用の負担レスで脂肪消化を促してくれます。部分痩せができるのですが、同時に肌の弾力やハリを失う可能性が否めません。それまでふくよかでムッチリしていたパーツの脂肪が無くなるワケです。弾力やハリが無くなるのは当然です。筋トレなどで時間をかけて減量すれば、引き締められた肌の弾力、ハリは損なわれません。脂肪を溶かすという意味での効果は抜群ですが、肌まで考えて、どれくらいの量の薬液を注入するか、考えるべきです。

皮下内出血に十分注意が必要になる

BNLSという脂肪溶解注射より、腫れや痛みを最小限にできる利点があります。相場として、1ccあたり1万円ほどの料金ですから利用する患者さんは少なくありません。しかし、妊娠・授乳・くるみアレルギーをお持ちの場合には施術ができないことも知っておきましょう。身体への副作用が少ないものの、『皮下内出血』に注意が必要です。局所麻酔、長いカニューレ針、こうした医療機器や医療行為によって、内出血や注入部に腫れ、赤みなどが現れる場合もあります。コレは脂肪量に影響されており、脂肪量の少ない顔より、二の腕や太ももなどは注射箇所も多くなり、内出血のリスクも決して低くありません。