• このエントリーをはてなブックマークに追加

効果で成功に結びつくマーケティングリサーチ

マーケティングリサーチを実践していくことで、自社の製品の市場での位置付けを定量的に分析していくことが出来ます。既存の製品やサービスの売り上げが伸び悩み、販売戦略の見直しを実践することを考えても、詳細なデータが無くては、どのように展開していけば良いかイメージも掴めないはずです。自社内に調査部門を所持している場合は良いですが、予算的に余裕が無い等の理由で、自社内に調査部門を所持することが難しい場合も多いのも事実でしょう。繁忙期や新製品の導入等で、適切なキャンペーンを実施していく場合には、外部のマーケティングリサーチを実施し、効果的な販促活動を進めていきましょう。低予算で効果的なデータ収集を行うことが出来、自社ブランドの売り上げ向上に結びつけていくことが出来ます。

成功に結びつくデータが手に入っていきます

新製品を導入する場合には、多額の予算が掛かってもいきます。詳細な市場分析を行い、正確なデータをもとに営業展開を行っていかなくては、投資資金が無駄になっていく可能性もあります。ターゲットとなる消費者の属性を絞り、的確な情報収集を実践していかなくては、効果的な販促活動を行っていくことは出来ません。企画の段階から、市場規模や商品の売り上げ見込みの把握を行い、販促活動も含めた商品やサービスのプランニングを実践していくことが大切です。長期的に見れば、自社のブランディングを維持していくことも大切になっていきます。市場全体の規模を把握し、自社が導入していく製品やサービスが的確なものかを判断出来る材料としての情報収集を実践していくことがマーケティングリサーチでは大切です。

海外への進出時にも役に立つデータ収集を行えます

アジア等の諸外国への海外進出を行う企業が増えています。日本では飽和状態になっている商材やサービスであっても、海外市場であれば成功を収めることが可能になっていく場合もあります。海外への営業展開でも、ネットサービスの普及により、距離的な問題は無くなり、中小企業でも低予算での進出は可能になっていますが、異文化圏での営業展開には、現地にあわせた商慣習での実施も必要であり、自社だけの力で進出することは難しくもなっています。海外の状況に詳しい調査会社を活用していくことで、どのような業種でも、短期間で販促に役に立っていく情報を得ていくことが出来ます。海外等への営業展開を検討していく場合には、短期間で必要な情報を得ていける外部の調査機関の活用を検討しましょう。

ピックアップ記事

効果で成功に結びつくマーケティングリサーチ

マーケティングリサーチを実践していくことで、自社の製品の市場での位置付けを定量的に分析していくことが出来ます。既存の製品やサービスの売り上げが伸び悩み、販売戦略の見直しを実践することを考えても、詳細な...

マーケティングリサーチのやり方と使い方

マーケティングリサーチを実践していき、売り上げが伸び悩んでいる自社の製品やプロダクトの販促活動に役立つデータの収集を試みる企業が増えています。市場全体に対する自社製品の位置付けを把握し、最適なプロモー...