• このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングリサーチのやり方と使い方

マーケティングリサーチを実践していき、売り上げが伸び悩んでいる自社の製品やプロダクトの販促活動に役立つデータの収集を試みる企業が増えています。市場全体に対する自社製品の位置付けを把握し、最適なプロモーションを実践するための基礎データとしての市場分析を行うことで、予算に応じた営業展開が現実化していくようになります。競合他社の市場での状況を見ていき、自社に欠けている販売戦略を見つけていくことが出来れば、短期間での売り上げ増加を実践していくことが出来るようになります。ターゲットとなる消費者の選定を正しく行い、属性を絞った上での確実な需要予測を見込んでいくことで、どのような商材であっても、短期間で売り上げの増強に導いていくことが出来ます。信頼できる調査機関を活用していくことが大切です。

マーケティングリサーチは企画段階から実践を

マーケティングリサーチのやり方や使い方について掲載する書籍は多いですが、現実的に有効なデータを得ていくためには、企画の段階から参画させることが大切です。自社の新商品やサービスを導入するには、多額の資金も掛かっていきます。企画の段階で適切なデータを得ていなくては、多額の投資を無駄にしていく可能性も有り得ます。ネット上での口コミや評判を参考にし、自社の目的と予算に応じたリサーチを実践できる業者の選定を行っていきましょう。既存のプロダクトや製品の売り上げが伸び悩み、マーケティングを実践し、的確な販促活動のやり方を得ていくことを考えても、どのように市場データを収集していくかや、分析結果の使い方が不明瞭な企業も多いはずです。評判の良いリサーチ会社であれば、分かりやすいデータの収集を行っていくことが出来ます。

海外進出を考える場合にもリサーチは大切です

国内市場の低迷により、アジアを始めとする海外市場での自社ブランドの営業展開を考える企業も多くなっています。日本では売り上げ向上が見込めない商材やサービスであっても、海外市場では需要の伸びが見込め、売り上げの向上が見込める場合も有り得ます。異文化圏での営業展開を進めるには、現地に精通したリサーチを実践していくことが出来るマーケティング業者の活用していくことが有効です。ネットによるコミュニケーション手段の進歩により、海外とのコミュニケーションも円滑になり、距離を感じさせない営業展開を実現出来るようにはなっていますが、現地に受け入れられる商材やサービスを判断していくには、定量的なデータの収集が必要になります。長期的な視野に立っての営業展開には、正確なデータが必要になります。信頼できるリサーチ機関の活用を考えましょう。

ピックアップ記事

効果で成功に結びつくマーケティングリサーチ

マーケティングリサーチを実践していくことで、自社の製品の市場での位置付けを定量的に分析していくことが出来ます。既存の製品やサービスの売り上げが伸び悩み、販売戦略の見直しを実践することを考えても、詳細な...

マーケティングリサーチのやり方と使い方

マーケティングリサーチを実践していき、売り上げが伸び悩んでいる自社の製品やプロダクトの販促活動に役立つデータの収集を試みる企業が増えています。市場全体に対する自社製品の位置付けを把握し、最適なプロモー...