• このエントリーをはてなブックマークに追加

狙うべきターゲット層は?マーケティングリサーチは目的が重要

マーケティングリサーチを行う上では、販売やサービスなどで狙いたいターゲット層や明確な目的をもって、リサーチ会社に依頼する必要があります。対応することができる範囲が広いのが特徴的で、主に企業の販売戦略や商品開発などに活用されます。 市場の動向を把握することには、消費者のニーズを的確にとらえることができるため、そこで得られた情報を元にサービスを良くしたり、サービスを止めたりする判断基準にも繋がります。一般的に商品を販売する企業自体は、市場の動向を把握するノウハウが存在しないため、リサーチ会社にお金を払って代行してもらうのが一般的となります。 現在ではネット人口も利用する方も増えているため、そこでの調査が主体となり、従来のリサーチよりもお金もかからずリサーチすることができる様になっています。

どういったリサーチが出来るかを知る

初めてマーケティングリサーチ会社を利用する場合、狙うべきターゲット層と目的の明確化が必要ですが、意外と迷ってしまうことも多いです。そこでリサーチ会社には専門の担当者が存在し、その担当者が具体的にリサーチを行いたい方向けにヒアリングなどを行ってくれ、その結果でリサーチの基準を設けることに繋がります。 顧客や従業員の満足度、消費実態や需要動向、市場規模・市場動向、ブランド調査を行うことが可能です。まだまだリサーチできる項目は無限に広がっており、現在の状況を知るだけでなく、将来の予想まで使うことができます。 リサーチを行った結果を有効的に活用しきれていない企業も多いですが、担当者と相談を積み重ねることでより有効的な活用の仕方の工夫を図ることが可能です。新たな事業分野に挑戦する前に、初めにそれを行うことは成功への近道となります。

予算や納期を決めておき依頼することがポイント

マーケティングリサーチのポイントは、市場におけるターゲット層の把握と目的の明確化を行うことですが、それ以外にも予算や納期を決めることも必要です。時間やコストが予想以上にかかると逆に企業の経営を圧迫する可能性も存在します。 従ってリサーチを行う上では時間やコスト意識もポイントで、どのくらいの期間をかけて行うかや予算の範囲をあらかじめ決めておきます。他にリサーチ会社の規模や信用度なども影響することが多く、そういった調査を行うべき、適したリサーチ会社を選択することがポイントです。 またより調査結果の信用度をアップさせるために、複数のリサーチ会社を選択することもあります。その分、コストがかかってしまいますが、得られた調査結果を経営戦略などで重要視した場合には複数のリサーチ会社に依頼することが最適です。

ピックアップ記事

効果で成功に結びつくマーケティングリサーチ

マーケティングリサーチを実践していくことで、自社の製品の市場での位置付けを定量的に分析していくことが出来ます。既存の製品やサービスの売り上げが伸び悩み、販売戦略の見直しを実践することを考えても、詳細な...

マーケティングリサーチのやり方と使い方

マーケティングリサーチを実践していき、売り上げが伸び悩んでいる自社の製品やプロダクトの販促活動に役立つデータの収集を試みる企業が増えています。市場全体に対する自社製品の位置付けを把握し、最適なプロモー...