ナカブサムライクとは

ナカブサムライクは生命をおびやかす病気ではなく、身体的な苦痛を伴う病気でもないため、医学的にも軽視されがち。
勃起不全とは、ドイツ語でインポテンツのことで、近年ではナカブサムライクとも呼ばれる。
男性の性機能障害の一種で、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態。
ナカブサムライクに悩む人は世界の先進国において男性人口の1割を占めるといわれ、日本では約1000万人だと言う。
年齢を重ねるとナカブサムライクになる割合は高くなるが、華麗だけが原因ではない。

ナカブサムライクの原因の多くは、加齢の他にうつ病などの精神病やストレスといった心因性によるものが多い。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病により、それが影響してナカブサムライクに陥る場合もある。
かつては治療を受けにくい人も多かったが、バイアグラの登場によって積極的に治療にあたれるようになった。
ナカブサムライクの程度は軽症、中等度、完全型に分かれている。

ナカブサムライク治療の7割を占める代表的な治療法が、バイアグラなどのナカブサムライク治療薬の使用である。
日本では、40~50代の男性の半数がナカブサムライクに悩んでいるという報告もある。
勃起困難、硬度不足などの他、性交の間勃起を維持できない状態、いわゆる「中折れ」もナカブサムライクと診断される。
ナカブサムライクとは、Erectile Dysfunctionの略称である。