• このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングリサーチに費用を費やすべき

何かしらの新しい商品開発やサービスの提供を考える場合に、マーケティングリサーチを行うということが非常に重要です。感覚として需要があるだろうと考えている商品やサービスが実際にどのように受け取られているのか、今後需要が期待できるのかどうかを大多数の消費者を対象に調査をすると言う事は、大きな商品開発をするにあたっては前提条件となる必要な作業であると考えられています。
そのようなマーケティングリサーチにはそれなりの費用をかけて行うことになるのが一般的です。どのような層をターゲットにして商品開発をしたいと考えているのかによっても方法が異なってくると言えるでしょう。いずれにしても費用をケチることなくしっかりと知りたい情報を確認してから動くということがとても大切になってくると言えるのです。

商品開発のためのリサーチの手法について

企業が消費者から情報を収集して商品開発の方向性を決めていくと言う事は非常に大切な活動です。古くは消費者に直接意見を求める場を作るなど工夫を凝らしていましたが、最近ではより効率の良い方法が考えられています。
単純に多くの情報を知ることにより傾向をつかみたいのであればアンケート調査のような形で情報収集する手法が好まれていますが、問題解決や原因の究明を目的としたリサーチの場合には専門家を招いて対策することもあります。
専門家が主導権を握って調査する場合には、一般の消費者を招く形で座談会を開くなど様々な形で情報収集に努めます。問題解決のために必要と考えられる情報集めることがこのようなリサーチの特徴であり、このような業務を専門的に行っている業者も数多く存在しているのです。

リサーチに費やすコストについての考え方

中小企業の商品開発の場合にはマーケティングリサーチを行ったとしてもその規模は限定的であると言えるでしょう。しかしながら大企業等が社運をかけて方向性を決める調査を行う場合などにおいては、非常に範囲を広く設定した消費者を対象に様々な方法でリサーチを行うことになります。
したがってそのコストについてもかなり大きな金額になると言うのが一般的です。このような調査費用をかけてでも情報収集しようとするのは、それだけこのような事前の調査と方向性の決定が重要な分かれ目になるということが経験上わかっているからです。多くの人に受け入れてもらうことができる共通項をいかにして見つけ出すのかということがこのようなリサーチに求められている目標であり、商品開発の中でも重要な部分であると考えられています。

BtoBのヒアリング調査を得意とし、定量調査では入手できない現場の[生の声」を収集できます。 サービス、流通、IT業界などの調査も承っております。 各種の産業分野で広い知見と高い専門性を有しています。 北海道から沖縄まで全国を対象として調査を行っております。 テレビ、広告、出版、印刷、などのメディア業界も承っております。詳しくはHPをご覧くださいませ。 マーケティングリサーチのプロが課題に応えます!

ピックアップ記事

効果で成功に結びつくマーケティングリサーチ

マーケティングリサーチを実践していくことで、自社の製品の市場での位置付けを定量的に分析していくことが出来ます。既存の製品やサービスの売り上げが伸び悩み、販売戦略の見直しを実践することを考えても、詳細な...

マーケティングリサーチのやり方と使い方

マーケティングリサーチを実践していき、売り上げが伸び悩んでいる自社の製品やプロダクトの販促活動に役立つデータの収集を試みる企業が増えています。市場全体に対する自社製品の位置付けを把握し、最適なプロモー...